乳腺外科|「ゆうこ乳腺クリニック名駅」超音波検査,マンモグラフィ検査,内分泌療法

乳腺外科

乳房の疾患について

乳房の疾患について

乳房の疾患は、良性のしこりから悪性腫瘍まで多岐に渡ります。

特に悪性の乳がんについては、近年、罹患率、死亡率ともに増加傾向にあります。早期に発見できた場合の予後(疾患の治療経過)は比較的良好であり、早期受診と早期発見、それに続く早期治療が求められます。

乳房は、女性の体の中でも非常にデリケートな部位であるため、『恥ずかしい』や、『痛いことをされるのではないか』と、診察に抵抗のある方が多くいらっしゃいます。しかし、早期発見することにより、治療方法やその予後は大幅に変わってきます。

違和感を覚えたら早めに診察を

近年では、乳房を温存する手術方法や、摘出した場合の再建方法も、目ざましい進歩を遂げています。乳房にしこりやひきつれなどの違和感を覚えたら、どうかためらわず、早めに当院にお越しください。

当院では患者様の羞恥心に配慮し、医師をはじめ、スタッフ全てを女性のみで構成しております。全ての診察はプライバシーに配慮した空間で行いますので、乳房の診察に抵抗がある方も、お気軽にご相談ください。

丁寧な触診と超音波検査、マンモグラフィによる検査

丁寧な触診と超音波検査、マンモグラフィによる検査を行い、必要があれば、その後、さらなる精密検査を行います。精密検査の結果、手術が必要と判断された方は、手術に対応している関連病院を紹介いたします。

手術後の経過観察や内分泌療法につきましては、引き続き当院で対応しております。手術後は、経過観察をきちんと行うことが大切です。

名古屋駅すぐに位置する当院では、日本乳がん学会乳腺専門医と日本病理学会病理専門医の両方の資格を有する院長による丁寧な診療と説明を行っています。

乳房のかかりつけ医として、患者様一人ひとりのお悩みに寄り添う診療を心がけています。乳房に気になる症状がありましたら、お気軽に当院までご相談ください。

このような症状でお悩みの方は、ぜひ当院までご相談ください

乳房にしこりがある
乳房のしこりには、良性の疾患と悪性の疾患どちらの可能性もあります。
乳腺症と呼ばれる良性の疾患が多いですが、ときに乳腺症に悪性腫瘍が併発している場合もあるため、触診だけでなく、画像診断や病理検査まで検討して、慎重に診断しなければいけません。マンモグラフィと超音波検査により、腫瘍のおおよその性状を見ることが可能です。当院では、問診や触診から、詳しい病理検査まで行うことが可能なため、より早く、正確に診断することができます。
乳房が赤く腫れている、痛む
乳房が赤く腫れて痛みを伴う場合、乳腺炎が疑われます。
乳腺炎は、細菌などの感染により、乳腺に炎症が起こっている状態で、授乳中の方に多く見られます。悪化してしまうと、乳腺の中に膿が溜まり、膿瘍を形成することがあります。似たような症状を示す疾患の中に、炎症性乳がんという悪性のものもあり、注意が必要です。
どちらの場合でも、早期の治療が肝要ですので、症状に気づいた際は、お早めに当院までお越しください。
乳房の一部がへこんでいる、ひきつれている
乳房の一部がへこんでいたり、ひきつれていたりする場合、その皮下や乳腺内に腫瘍がある可能性があります。早急な診断と治療が求められる場合がありますので、お早めに当院までお越しください。
乳頭から分泌物が出ている、乳頭から出血している
授乳中でないのに乳頭から分泌物が出ているとき、分泌物が無色から黄白色の場合は、一時的なホルモンバランスの変化による生理的なものであることがほとんどです。
しかし、ときに内分泌疾患などの可能性もあります。分泌物が血性の場合、乳がんの可能性も疑われるため、特に注意が必要です。いずれの場合でも、まずは検査し原因を確かめることが肝要ですので、お早めに当院までお越しください。
その他
乳房にできものができている、ただれている、腋の下にしこりがある、乳房の左右サイズが違うなど、気になる症状がありましたら、何でもご相談ください。